1. Home
  2. ペット広場
  3. 目の病気を早期発見 角膜炎・結膜炎・白内障・緑内障

目の病気を早期発見 角膜炎・結膜炎・白内障・緑内障

概要

犬や猫はもともと視力が弱く、人間ほど目に頼らずに暮らしているので、視力が落ちても普段通り暮らすことができます。
そのため、目の病気は発見が遅れがちになり、様子がおかしいと感じる頃には病状が悪化していることが少なくありません。

代表的な目の病気

角膜炎 黒目を覆っている透明の角膜が炎症して、目が強く痛みます。
結膜炎 まぶたの裏にある結膜が炎症、目のかゆみや痛みを伴います。
白内障 水晶体が白くにごって視力が低下してゆき、進行すると失明にいたることもあります。ただし、白内障にはかゆみや痛みがありません。
緑内障 眼圧が高くなって視神経を圧迫して視力が低下、やがて失明にいたります。症状が悪化すると目が膨らんで飛び出したようになり、強く痛みます。
急性緑内障の場合は数日で失明してしまうこともあります。

主な兆候

  • 目ヤニが増えた・涙が多い・涙やけしている
  • 白目が赤い、充血している
  • 黒目が白くなっている
  • よく目をつむる・まぶしそうにしている
  • ふらつく・ぶつかる・暗い場所を嫌がる
  • 目が膨らんでいる・瞳孔が大きくなる
  • 食欲がない・眠そうにしている

こうした症状に気づくことができず、受診した時にはすでに視力がなくなっているケースもあります。特に緑内障は早期発見が難しい病気ですので、早めの検査がとても重要です。

当院では眼球の表面から網膜、視神経まで鮮明な映像で素早く記録できる眼底カメラ・クリアビューを導入しています。

ページの先頭へ

その他のページ

診療時間

平日
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-19:00(受付終了18:30)
木曜
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)
日祝
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)

★時間外診療について