1. Home
  2. ペット広場
  3. 犬の日射病・熱中症

犬の日射病・熱中症

高温多湿になる夏場は、暑さに弱いワンちゃんにとってツラい季節。
急激な体温上昇は危険です。

概要

犬はもともと寒い地方の動物です。
人間のように体に汗をかくことができず、暑い場所にいると体温がどんどん上昇し脱水症状を起こします。
遊びに夢中になっていたら突然倒れてケイレンを起こしている、という場合も少なくありません。
夏場のドライブや、室内で留守番をしている時も要注意です。

夏の暑さ対策

車の中では・・・
狭い車の中では、あっという間に温度が上昇します。
どうしても外に連れ出せない場合は、エアコンをつけて車内の温度を下げましょう。
炎天下のお散歩は・・・
気温が高い昼間、アスファルトは日光の照り返しで非常に高温になっています。
日中は直射日光を避けて、風通しの良い場所で休ませてあげましょう。
日陰のない場所で飼っている場合も要注意です。
閉め切った室内では・・・
昼間のお留守番、部屋に強い日差しが差し込むと温度が上昇します。
窓を開けておくことができない場合は、エアコンで室温を調整しましょう。

熱中症にかかってしまったら

まずは日の当たらない涼しい場所に移動し、氷を内股や脇にあてながら体を冷やして下さい。容体が落ち着いたら早めにご来院下さい。

ページの先頭へ

その他のページ

診療時間

平日
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-19:00(受付終了18:30)
木曜
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)
日祝
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)

★時間外診療について