ホームデンタルケア

こんな症状はありませんか?

  • 口臭がするようになってきた。よだれが多い。
  • 歯茎が赤くなって炎症を起こしている。
  • あまり噛まないで食事をしている。食欲がない。
  • モノをくわえて遊ばなくなった。なんとなく元気がない。

健康なのにこうした症状が見られる場合、歯周病の可能性があります。
ペットがさまざまな食べ物を口にするようになり、歯周病が急増中です。ペットにも歯磨きの必要性が高まっています。

歯垢がたまって細菌が発生すると、歯茎が炎症を起こします。
当院では歯科専門医による診療も行っておりますが、症状がひどい場合は抜歯などの処置をしなければなりません。
また、細菌が血管を伝っていくことで顔が腫れたり、心臓や肺、肝臓にまで影響を及ぼし、重大な疾患の原因にもなります。歯磨きの習慣をつけることが、最大の予防法なのです

歯磨きの導入

それまで歯磨きの習慣がなかった場合、口に触られるのも嫌がる場合がほとんどです。
小さな頃から習慣づけることが望ましいのですが、大きくなってからでも遊びやスキンシップの中にうまく取り入れて、徐々に慣れさせてあげましょう。できた時には、誉めてあげることも大切です。

まずは口を触られることに慣れさせること
リラックスしている状態で口の辺りに触れ、慣れてきたら切歯の辺りに指を入れてみます。この時、歯の色も見てみましょう。犬や猫も歯の色は元々きれいな白色。黄ばんでいるのは歯垢がたまっている証拠です。また、歯肉が赤く腫れている場合は要注意です。
ガーゼを使った歯の手入れ
口を触られることに慣れてきたら、濡らしたガーゼを指に巻いて、切歯から臼歯をなでるように磨いてあげましょう。なるべく短い時間で行います。
※どうしても歯ブラシを嫌がる子もいますので、その場合は無理をせずにこの方法でお手入れを続けましょう。
ガーゼを使ったお手入れに慣れてきたら、歯ブラシを使います。
犬や猫の歯は人間よりもエナメル質が薄く、傷つきやすいので、毛の柔らかい専用の歯ブラシを使いましょう。また、毛先の広がった歯ブラシも使ってはいけません。
歯ブラシを使った歯磨き
歯磨きをしようとしても、歯ブラシを口に入れることには抵抗があるので、食べ物の匂いをつけて歯ブラシに慣れてもらう工夫も必要です。
歯ブラシに慣れたら、まず切歯から。およそ45°に歯ブラシを当てて、歯と歯茎を上手に磨きましょう。徐々に頬の方へ移動して臼歯の歯磨き。最後に歯の裏側を磨きましょう。うがいは特に必要ありません。

せっかく歯磨きをしてあげても、継続していかなければ意味がありません。
飼主がさぼってしまうと、すぐに歯垢が増えてしまうからです。歯磨きを好きになってもらえるように、できれば毎日行う習慣をつけましょう。

ページの先頭に戻る