犬・猫の腎不全

概要

腎臓は血液中の老廃物や毒素をろ過して尿として排出したり、血液中の水分のバランスを保つなど、健康を維持する大切な臓器です。
ひとたび腎臓の働きが悪くなると体内に老廃物が溜まり、嘔吐や貧血、痙攣などさまざまな障害を引き起こします。

主な兆候

慢性腎不全の場合、はっきりとした兆候が現れずにゆっくりと悪化していきます。
そのため、定期健診による早期発見が重要になります。

  • 元気がない、よく眠るようになった
  • 水を大量に飲む、オシッコが増える
  • 食欲がない、食べたものを吐いてしまう
  • 急にオシッコが出なくなる

主な原因

腎臓を中心にした前後関係で3つに分類されます。

腎前性 脱水、貧血、フィラリア症、心不全などが原因で血流が少なくなることで腎不全を引き起こします。
腎性 何らかの感染症や寄生虫、ケガや先天的な異常により腎臓が直接ダメージを受けるケースです。
腎後性 尿石症、膀胱の腫瘍、ヘルニアやケガなど、尿路に問題が生じて正しく排尿できなくなり腎不全が引き起こされます。

腎不全になったら

一度失われた腎臓の機能は、元に戻すことができません。
腎臓に負担をかけないように療法食や投薬、輸液で進行を遅らせ、辛い症状をやわらげてあげることです。
食事療法が最も重要になりますので、詳しくは当院スタッフにお尋ね下さい。

ページの先頭に戻る