1. Home
  2. 先端医療
  3. 高濃度ビタミンC療法

高濃度ビタミンC療法

非常に高濃度のビタミンCに抗がん作用が認められるという研究をもとに、ヒトの医療で行われているがんの治療法のひとつです。

高濃度ビタミンC療法の概要

ビタミンCを高濃度で点滴すると過酸化水素が発生し、がん細胞を狙って攻撃するようになります。抗がん剤に近い働きをしながら正常な細胞には影響を与えず、副作用もほとんどありません。

期待できる効果

従来の療法との併用で相乗効果や再発予防、抗がん剤の副作用を和らげるなどの効果が期待できます。

  • 従来の療法との併用で相乗効果
  • がんの進行を遅らせる、再発を防ぐ
  • 抗がん剤の副作用の緩和
  • 食欲が戻る、痛みが和らぐ等のQOL(生活の質)改善

ページの先頭へ

その他のページ

診療時間

平日
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-19:00(受付終了18:30)
木曜
9:00-12:00(受付終了11:30)
午後休診
日祝
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)

★時間外診療について