1. Home
  2. 先端医療
  3. 糸を残さない手術

糸を残さない手術

一般的な去勢・避妊手術では結紮糸(絹糸やナイロン糸など)で精巣や子宮・卵巣の血管を結び、体内には糸を残す方法がとられています。
ところが、近年の獣医学会や論文で体内に残った糸が引き起こす「異物反応性肉芽腫」という病気が数多く報告されています。

異物反応性肉芽腫

去勢・避妊手術が無事に終わっても数ヶ月後あるいは数年後に手術部位付近が赤く腫れたり、おなかの中にガンのような大きなしこり(肉芽腫)が出来たり、ひどい場合は皮膚に穴があいてしまうことがあります。
これらは体内に残っている糸に過剰な異物反応を起こした結果起きる病気なのです。こうなってしまった場合、肉芽腫と残った糸を摘出するため再手術を行い、治療に当たらなければなりません。
予見の難しい「異物反応性肉芽腫」を防ぐため、糸を残さない手術を行っています。

体内に糸を残さない去勢・避妊手術

ユウ動物病院では、新しい去勢・避妊手術を提案しています。
ヒトの手術でも使われている「電気凝固装置(リガシュアー)」や「超音波切開凝固装置(ソノサージ)」によって、安全・確実な血管閉鎖を実現。体内に糸を残さない(使わない)手術が可能になりました。
手術時間も短くなるので、負担を減らすことができます。

ベッセルシーリング(血管閉鎖)システム リガシュア

「リガシュア」は、特殊な電気によって素早く、確実に血管を閉鎖する装置です。
人も同じように過剰な異物反応による病気があり、「リガシュア」は産婦人科などでも使われていますが、動物病院としては最新技術です。

新世代超音波手術システム ソノサージ

「ソノサージ」は、凝固しながら切開を行う最新の超音波メスで、安全性を追及したシステムです。今まで困難だった手術を、より安全に成功に導くことができます。

ご相談ください

「異物反応性肉芽腫」は、ミニチュアダックスフンド・チワワ・シーズー・トイプードル・マルチーズ・ミニチュアピンシャーなどの犬種で報告があります。
小型犬の雄に多く見られますが、どんな犬種でも起こりえるので注意が必要です。
これから去勢・避妊手術をお考えのオーナーさんは、ぜひご相談ください。

ページの先頭へ

その他のページ

診療時間

平日
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-19:00(受付終了18:30)
木曜
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)
日祝
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)

★時間外診療について