1. Home
  2. 先端医療
  3. 高度医療設備

高度医療設備

検査用設備

検査機器のデジタル化が進み、より安全、正確でスピーディーな検査が可能になりました。

  • 16列マルチスライスCT Alexion

    病気の早期発見、患部の早期診断のため、CT検査を行っています。東芝製16列マルチスライスCT・アレクシオンはレントゲンや超音波エコーでは発見できない病変を精密な3次元画像で診断できます。
    血管をトレースしたり、内視鏡で診ているような管腔構造の再現など、最新機能を搭載。『AIDR 3D』等の被ばく低減機能により、最大で40%(TOSHIBA製従来機との比較)の被ばく低減を実現。動物たちでも安心してCT検査が行えます。

  • 小動物専用X線システム VPX-200

    東芝が開発した高性能Ⅹ線システムです。
    従来型よりも広い範囲を透視、少ない被爆量で高圧撮影を行う機能を備えています。
    天板が大きいので、レトリバーなどの大型犬も余裕をもって撮影できます。
    *ここでいう小動物とは犬、猫、うさぎ等の動物を指します。

  • デジタルX線画像診断CRシステム REGIUS ΣA Unitea α

    レントゲンや内視鏡、エコーなど、臓器や骨の撮影データをデジタル処理して診断・管理する医療用の画像処理システムです。より正確でスピーディーな診断が可能になります。

  • 超音波診断装置 LOGIQ S6

    体にあてるだけで心臓やお腹の様子を診断できる装置です。痛みや副作用のない、安全な装置です。
    心臓の動きはもちろん、赤血球の反射をとらえて血流を見ることもできます。妊娠の診断や心臓疾患の検査など、麻酔を使えない場面で活躍します。

  • 動物用内視鏡 OLYMPUS VES

    口から食道、胃、十二指腸まで検査するスコープです。
    スコープは非常に細く長さは1メートル以上あり、仔猫から大型犬まで使えます。
    内視鏡で粘膜の状態や炎症の有無を肉眼で検査、組織を採取する生検や異物の除去、様々な診断を行います。最新の内視鏡ではより鮮明な画像になり、さらに診断しやすくなりました。

  • 気管支ファイバースコープ OLYMPUS BF-60

    気管支の病気や異物の誤飲の診断を行う内視鏡です。ほとんどの異物は気管支を切開することなく、この内視鏡と鉗子によって安全に除去することができます。

  • 腹腔鏡

    お腹に5mm~1cm程度の穴を2~3ヶ所開けて腹腔の中にカメラを挿入、内臓の検査や手術を行います。主に避妊手術停留睾丸摘出手術、各臓器の検査で使用します。
    お腹を大きく切開しなくて済むため、体への負担が少なく、傷跡も目立ちません。

  • 非観血血圧計 BP100DII

    全身被毛に覆われている犬や猫は血圧測定が難しく、手術中でない限り測定意義もあまりないとされていました。
    BP100DIIは動物用に開発された血圧計で、人間と同じようにカフ(ベルト)を巻いて正確な測定ができます。
    高血圧は心疾患、腎疾患の発生リスクを高めたり、病気を進行させる恐れがあります。
    定期的な血圧測定で、健康管理をしてあげましょう。
    犬・猫の正常血圧

  • 眼底カメラ クリアビュー(Meni-One ClearView)

    眼球の表面から網膜、視神経まで鮮明な映像で素早く記録できるカメラです。デジタル化した診察結果をすぐにお見せすることができます。
    緑内障や白内障など眼疾患の早期発見、猫の高血圧の診断にも役立つ最新機器です。

  • 手持眼圧計 トノベット(TonoVet)

    眼圧が高くなる緑内障は失明にいたる怖い病気です。従来の眼圧測定では目の麻酔を必要としましたが、トノベットは麻酔不要で痛みもなく、正確な測定が可能な測定器です。

手術用設備

体への負担を少なく、安全で確実な手術のために。主に外科手術で用いる設備をご紹介。

  • X線画像診断装置 GE OEC 7900 Fluorostar

    撮影する場所に合わせてX線の照射量を調整する機能を備えており、動物への負担を軽減しながら高い画質透視や血管撮影を実現。骨折など整形外科で活躍する最新のCアーム装置です。

  • ドレーゲル社製 ファビウス プラス

    安全で確実な手術を行うために、当院ではドレーゲル社の全身麻酔装置『ファビウス プラス(Fabius plus)』を導入しています。

  • 半導体レーザー DVL-20

    半導体レーザーは治療から手術まで、さまざまな場面で使用できます。
    痛みを取り除く
    ・患部に照射して痛みを和らげる、傷口を治癒する
    ・歯肉炎の殺菌
    ・イボの蒸散、体表腫瘍の凝固縮小

    より安全な手術
    ・精密で素早い切開、切断が可能
    ・色素を用いた光化学治療
    ・レーザーサーミア(腫瘍細胞に対する温熱療法)
    ・その他、緑内障や逆さまつげなど

  • バイオスコープ AM130

    手術中の心電図、脈拍、体温、酸素濃度、麻酔ガス濃度などの細かな情報をリアルタイムで監視します。
    術後もモニタリングし、容態の変化に素早く対応できます。

  • 動物用超音波手術器ソノキュア

    「ソノキュア」は、超音波領域の周波数で金属チップを振動させて、目的部位を破砕・乳化・吸引、さらに骨の切削などを行う動物専用超音波手術器です。
    各種腫瘍摘出(減容積)や椎間板ヘルニア椎弓切除などの高度な手術を短時間で最小限の範囲で安全に行うことができます。

  • アルゴンプラズマ手術装置 APC300

    主に大きな出血を伴う手術で使用します。高い電圧でアルゴンガスを帯電させ、発生したプラズマビームが出血している箇所を的確に凝固します。器具が組織に直接触れないので、広い範囲を安全に素早く処置することができます。

その他の設備

  • コンタミフリー細胞培養装置 CFCP-100

    血液・細胞の分離や培養を安全に行うための設備です。
    ヘパフィルターで不純物の混入を防ぎ安全性を確保。
    主にLAK療法において血液中のリンパ球の分離、増殖を行います。

ページの先頭へ

その他のページ

診療時間

平日
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-19:00(受付終了18:30)
木曜
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)
日祝
9:00-12:00(受付終了11:30)
15:30-18:00(受付終了17:30)

★時間外診療について